ジャコブを紡ぐ

ライトグレーのトップ
ライトグレーのトップ

羊の種類によって当然毛の質も違います。それぞれの原毛を手の感触で確かめながら覚えているところです。
そうそう、市販されている毛糸ではものによって非常に手が荒れて皮がめくれてしまうほどなのですが、原毛を触っていて一度もそんなことはありません。ということは、それだけ肌にやさしく、直接触れるものでもチクチクしないということです。

汎用性の高いロムニー、やわらかで肉厚なスペインメリノ。
そしてこちらのジャコブですが、ハリがあり、繊維は細めで大変紡ぎやすいです。するすると伸びていくので、単糸でスラブにするより、双糸にしてしっかりめに紡いでみました。

双糸の佇まいはきちんと感があり、これもまた素敵。
地厚のニット帽になりそうです。